KIDS’ WORKSHOP 2022

こども向けワークショップ「メタバースで夏祭り」ゼロから作る!〜プログラミング・アバター・ワールド設計(仮)

最近話題の「メタバース」ってなんだろう?ゲーム?バーチャルリアリティ?それとも新しいお仕事?このワークショップでは①プログラミング、②アバター+モーションデザイン、③ワールド設計の3つのグループに分かれて、子供たちだけで「ゼロから作ったメタバースの中で夏祭りをする」体験をします。スマホアプリのREALITYを開発する GREE VR Studio Laboratoryとデジタルハリウッド大学、BLOCKVROCK(ブロックブロック)といっしょに”夏祭りの創造主”になろう!

🌟このイベントは完全予約制です。予約は森ビル「キッズワークショップ2022」にて(7/16 10:00受付開始~7/24 24:00まで)。

ティザー「メタバースで夏祭り」ゼロから作る!〜プログラミング・アバター・ワールド設計(仮)
[YouTube版]

「メタバースで夏祭り」ゼロから作る!〜プログラミング・アバター・ワールド設計(仮)(左から Yahagi, Damivo, Belle, Miku)
キービジュアル
「メタバースで夏祭り」ゼロから作る!〜プログラミング・アバター・ワールド設計(仮)
(左から Yahagi, Damivo, Belle, Miku。バーチャルライブ配信アプリ REALITY で作成)

開催情報

森ビル「キッズワークショップ2022」参加プログラム

・8月19日(金)13:00~14:30
・8月19日(金)15:30~17:00

場所:六本木ヒルズ 森タワー 森ビル本社
主催:GREE VR Studio Laboratory, REALITY(株) グリーグループ
協力:レベルエンター(株), デジタルハリウッド大学

予約サイトはこちら(7/16 10:00受付開始~7/24 24:00まで)。

「メタバースで夏祭り」ゼロから作る!〜プログラミング・アバター・ワールド設計(仮)


最新情報は Twitter@VRStudioLab をチェック!

BlockVrockを体験するこども向けワークショップの様子
レベルエンター株式会社 BLOCKVROCKを体験するこども向けワークショップの様子

更新情報

  • [7/23] 予約情報とスタッフを掲載しました
  • [7/21] 感染対策の確認とリハーサルを実施しました
  • [7/16] 森ビルサイトより申し込み受付を開始いたしました
  • [7/4] 森ビルからプレスリリースが発信されました
  • [7/2]ワークショップの講師紹介を公開いたしました
  • [7/1]サイトを公開しました

最新のニュースは Twitter@VRStudioLab をチェック!

Contents

ワークショップ講師

【プログラミングチーム】
山本大(レベルエンター株式会社 代表)
「若い人たちが楽しみながらプログラミングを簡単に学んでほしい!」そんな思いでブロックプログラミングで体験できるサイト「BLOCKVROCK」を開発するレベルエンター株式会社の若き社長さん。

ワークショップではWebブラウザで動くメタバースをライブで開発していきます。

BLOCKVROCKによるブロックプログラミングの様子

【アバター・モーションデザインチーム】
荒木シゲル(アクトバート合同会社代表 パントマイム・アーティスト)
高校卒業後にイギリスの美術大学に留学し、パントマイム・アーティスト、俳優として活動。アジア人パフォーマーの代表として故マーガレット王女に呼ばれ招かれ、晩餐会でパントマイムのデモンストレーションを行ったこともある。1998年に帰国後は、CGキャラクターアニメーションのアドバイザーとして映像、「スペースチャンネル5」シリーズなどのゲーム制作に関わる。著書に『伝わり方が劇的に変わる! しぐさの技術』(同文舘出版)、『動くキャラクター作りの本』(ボーンデジタル)、『仕事のしぐさ図鑑』(ダイヤモンド社)など。

ワークショップではREALITYを使ったかわいいアバターを自分の身体を使って魅力的なモーションを作っていきます。

【CG・ワールド設計】
小倉イサク(デジタルハリウッド大学 准教授)
デジタルハリウッド大学でCG関係を教える先生。映画やCMのCGデザイナーとして活躍する。千葉工業大学工学部電気工学科卒業、デジタルハリウッド研究所研究生として、eAT KANAZAWAにて特別賞を受賞し退所後、フリーのCGデザイナーとして活躍。映画「劇場版銀河鉄道999」「ハッピーフライト」、ゲームソフト「デッド オアアライブ」ライブビデオ・DVD「ウラスマ」(スマップ)、TV番組「たけしとひとし」、iPadアプリ「中田英寿2010南アW杯」、などのCG担当やその他CMのCGなど多数手掛けている。また、1999年からデジタルハリウッド講師として人材の育成に注力。スターウォーズ好き。

ワークショップでは Blenderを使ってメタバース渋谷の都市設計・メタバースの設計体験の様子やお客さんがきそうなお店のデザインを行います。

Blenderによる都市設計・メタバースの設計体験の例

【総合プロデュース】
白井暁彦(GREE VR Studio Laboratory, Director)

グリーグループでメタバース事業を推進するREALITY株式会社の研究開発部門「GREE VR Studio Laboratory」のディレクター。日本科学未来館の展示物バーチャルリアリティ技術をつかったエンタテイメントで世界を舞台に未来を開拓する研究をするエンタメ技術系工学博士。著書『白井博士の未来のゲームデザイン -エンターテインメントシステムの科学-』など。VR Sutdio Laboratory学生インターンさんと一緒に参加します。

ラボの YouTubeチャンネルより(https://j.mp/VRSYT

ワークショップ全体の設計とワークショップ内で使用するツールの開発、メタバースの未来がわかるまとめパートを担当します。
体験が終わったら「メタバースってなんだ?」をみんなに説明できるようになるはずです!

その他豪華なゲスト講師も…?

NFTアーティストなどWeb3やメタバースに関連する先端のゲストが登場するかもしれません…!

参加者向けのお知らせ

持ち物:ノート、エンピツ、(あれば)スマートフォン/タブレット

【プログラミングチーム向け情報】プログラミングツールは「BLOCKVROCK」(https://blockvrock.com/)を使用する予定です。学校でのScratchでのプログラミング経験がありましたらわかりやすいと思います。またプログラミング以外にもグループ似分かれてアバターのデザインやワールドの設計に参加していただくことができます。普段つくっている創作物があれば持ち寄っていただけると幸いです。例えばノートの落書きでもかまいません。

注意事項

・ワークショップ中の映像・静止画を記録し、森ビル株式会社やグリーグループ、ワークショップ主催者が運営する公式サイト(当サイト)、SNS、その他広報媒体等に掲載する可能性がございます。お子さまの映像・静止画の公開を避けたい場合は、ワークショップ当日に会場の受付スタッフへお声がけください。

・ワークショップ開催中に他の参加者への中傷、差別的な発言、いやがらせなどの迷惑行為が確認されて、ワークショップの進行に支障があると判断した場合には、主催者の判断でご退出いただく場合があります。

・大規模な災害や大型の台風の接近等の開催に支障のある問題が発生した場合、主催者の判断で開催中止とする場合があります。

SPECIAL THANKS

スタッフ
堀部貴紀(明治大学/GREE VR Studio Lab.)
中野友介(明治大学/GREE VR Studio Lab.)
Alexandre Berthault(東京工科大学/GREE VR Studio Lab.)
加藤-やはぎ-琢磨(デジタルハリウッド大学/GREE VR Studio Lab.)
川口眞里奈(青山学院大学)
籏栄美(青山学院大学)
浜野航輔(デジタルハリウッド大学)

村上史尚(株式会社レベルエンター)

講師

白井暁彦(REALITY株式会社)
小倉以索(デジタルハリウッド大学)
荒木シゲル(アクトバート合同会社)
山本大(株式会社レベルエンター)

企画協力

宮田和樹(青山学院大学 総合文化政策学部)

原りさ(森ビル株式会社)
石岡和樹(森ビル株式会社)
井上瑞希(森ビル株式会社)

杉山知之(デジタルハリウッド大学学長)

企画・プロデュース

白井暁彦(REALITY株式会社GREE VR Studio Laboratory/デジタルハリウッド大学大学院)

協力
・株式会社レベルエンター
・アクトバート合同会社
・デジタルハリウッド大学
・グリー株式会社

運営
・株式会社アガサス
・森ビル株式会社
・REALITY株式会社/グリーグループ

過去のキッズワークショップ プログラム

https://www.youtube.com/watch?v=vqWKWPe4Nbw

本ワークショップで使用している技術は、GREE VR Studio Laboratoryにおいて研究しているXRメタバースに関する研究成果の一部です。学術発表に関する詳細情報はこちら。デモや詳細のご希望はメール Twitter@VRStudioLabにお問い合わせください。

(C)GREE, Inc. / (C)REALITY, Inc. / GREE VR Studio Laboratory