Laboratory

GREE VR Studio Laboratory

グリーが注力している分野の一つであるVTuber事業は、アニメーションやゲーム、ライブ配信など、多岐にわたるエンターテインメント技術が必要とされる分野です。それらを構成する技術要素はゲーム開発におけるリアルタイム3Dグラフィックスや、モーションキャプチャー、サーバー技術などがあり、加えて、ライブ・エンターテインメントに適したモーション生成や、演者支援、ディスプレイ技術、インタラクション技術、人工知能応用、キャラクター設計、エモーション分析、視聴者文化の調査分析など多岐にわたっています。このような新しい分野の研究開発は既存の企業内R&D手法だけでは問題分析や課題解決が難しく、産学連携やスタートアップ企業との連携などを通して、最先端の技術や手法を実装していくことが世界的なスタンダードとなりつつあります。

そうした中、VR Studio Laboratory は、VRゲームなどを企画、開発、配信してきたGREE VR Studioと併設され、
(1) VTuber/XR Entertainment 関連技術のR&D促進
(2) 異業種R&D連携強化
(3) 業界振興・イノベーション型人材の支援発掘や育成
の3つを基本方針として活動しています。
グリーグループでXRライブエンタメ事業を推進する REALITY株式会社 のバーチャルライブ配信アプリ「REALITY」開発チームの持つ知見や経験を、日本国内の大学・企業・研究機関などの研究者や学生等とのコミュニケーションを通じて共有し、知財開発およびスピード感のある社会実装、品質向上、技術発信に貢献しています。

Research

  • 熱狂共有技術「VibeShare
  • WebXR「Hubs
  • 触覚VRエンターテインメント技術
  • ボイスチェンジャー「転声こえうらない
  • ライブエンタメのための評価技術
  • アバターを用いたプログラミング教育支援
    …など、詳しくは Research Demo をご参照ください

SNS

・Twitter https://twitter.com/VRStudioLab
・YouTube Channel https://j.mp/VRSYT
・GREE技術ブログ https://labs.gree.jp/blog


Publications

GREE VR Studio Laboratoryの出版物と発信活動について

学術出版物

  1. 堀部貴紀(REALITY/明治大),白井暁彦(REALITY),森勢将雅(明治大),「『転声こえうらない』を通したボイスチェンジャー品質改善のための定性分析と考察」, 日本音響学会2021年春季研究発表会, [Web], [Slides], [SlideShare] (2021/3/11)
  2. 山崎勇祐, 白井暁彦, 「VibeShare:Vote ~オンラインでの出演者と観客の非言語コミュニケーションの実現~」, 映像表現・芸術科学フォーラム2021(Expressive Japan 2021), [Abstract], [Slides], [SlideShare] (2021/3/8)
  3. 賛助会員紹介 グリー株式会社/ REALITY 株式会社 GREE VR Studio Laboratory」, 日本バーチャルリアリティ学会誌第25巻4号 (2020/12/31)
  4. 白井暁彦, 堀部貴紀, ブレディキーナ リュドミラ, 山崎勇祐, 坂口塔也, 中村清人, 栢之間諒汰, 「【研究ノート】 Mozilla Hubsを用いたオンラインイベントのWebVR化」, DHU JOURNAL Vol.07 2020. (2020/11/26)
  5. Liudmila Bredikhina, Toya Sakaguchi, Akihiko Shirai, “Web3D Live Distance Workshop for Children in Mozilla Hubs”, Web3D ’20: The 25th International Conference on 3D Web Technology, 9th, November 2020, Article No. 27, Pages 1–2, [Best Poster Awards 2nd Prize]
  6. 白井暁彦, 「Mozilla Hubs を用いたオンラインイベント WebVR 化テクニック」,グリー技術書典部誌 2020年秋号
  7. 坂口塔也, 山崎勇祐, Bredikhina Liudmila, 白井暁彦, 「交流型WebVRにおける空間音響のオンライン評価手法」, 第25回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, 2020-9-16 [PDF]
  8. 堀部 貴紀, 石原 達馬, 白井 暁彦, 森勢 将雅; 『転声こえうらない』利用者の基本周波数分析情報処理学会研究報告, 2020-05-30 (URL) [SlideShare] [Awarded]
  9. 白井暁彦, 「Virtual Cast と Hapbeat を使った国際双方向アバター触覚ライブの開発」, グリー技術書典部誌2020年春号
  10. 白井暁彦, “【ショートレポート】VR4.0 -リアルタイムバーチャルキャラクターが牽引する VR産業における基盤研究“, 2019年度デジタルハリウッド大学紀要, 2019-11-29
  11. 舘暲, 岩田洋夫, 安藤英由樹, 小泉直也, 中村拓人, 吉元俊輔, 白井暁彦, 長谷川晶一, IVRC2019(第27回 国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト)開催報告, 日本バーチャルリアリティ学会誌, 2019, 24 巻, 4 号, p. 39-43, 公開日 2021/04/08 
  12. Akihiko Shirai. 2019. REALITY: broadcast your virtual beings from everywhere. In ACM SIGGRAPH 2019 Appy Hour (SIGGRAPH ’19). Association for Computing Machinery, New York, NY, USA, Article 5, 1–2. DOI: https://doi.org/10.1145/3305365.3329727
  13. Yusuke Yamazaki, Shoichi Hasegawa, Hironori Mitake, and Akihiko Shirai. 2019. Neck strap haptics: an algorithm for non-visible VR information using haptic perception on the neck. In ACM SIGGRAPH 2019 Posters (SIGGRAPH ’19). Association for Computing Machinery, New York, NY, USA, Article 60, 1–2. DOI: https://doi.org/10.1145/3306214.3338562
  14. Rex Hsieh, Akihiko Shirai, and Hisashi Sato. 2019. Effectiveness of facial animated avatar and voice transformer in elearning programming course. In ACM SIGGRAPH 2019 Posters (SIGGRAPH ’19). Association for Computing Machinery, New York, NY, USA, Article 82, 1–2. DOI: https://doi.org/10.1145/3306214.3338540
  15. Rex Hsieh, Akihiko Shirai, and Hisashi Sato. 2019. Evaluation of Avatar and Voice Transform in Programming E-Learning Lectures. In Proceedings of the 19th ACM International Conference on Intelligent Virtual Agents (IVA ’19). Association for Computing Machinery, New York, NY, USA, 197–199. DOI: https://doi.org/10.1145/3308532.3329430

* This listing is ordered by new to old.

Lecture & Talks

特に記載なき場合発表者はディレクター白井暁彦による

  1. 「GREE VR Studio Laboratory – XRライブエンタメ駆動の研究開発と高速社会実装(仮)」, CCSE2020 (2020/12/11)
  2. 山崎勇祐「観客の想いを出演者に伝える熱狂共有技術『VibeShare』」, CCSE2020 (2020/12/11)
  3. XRKaigi2020「Mozilla Hubsを用いたバーチャルイベントのWebVR化~その可能性と実際~」(2020/12/10)
  4. What is happening in Japanese CG research and industry now? in SIGGRAPH 2020 [YouTube]
  5. “Research and Development for Avatar-Driven Virtual Society in VR4.0 Era”, EMTECH “Desired Identities” (2020/6/27) [YouTube][Event Detail][Report in Medium]
  6. 『転声こえうらない』利用者の基本周波数分析(音学シンポジウム口頭発表)[SlideShare]
  7. 芸術動画テック部 #4 隔離と遊びの革新 ――いま、テクノロジーが起こす世界線とは (2020/5/22)
  8. Mozilla Hubsが拓く新世代WebVRのススメ #HubsScrum (2020/5/13)
  9. “Avatar awakes new human beings” Short report from VTuber industry, Laval Virtual 2020 (2020/4/22)
  10. “Avatar driven VR society trends in Japan”, IEEEVR2020 “VRinVR” [Hubs][YouTube] (2020/3/22)
  11. “VRエンターテインメントの未来” 聚逸虚拟现实工作室 Display Innovation CHINA 2019/Beijing Summit (2019/10/23)
  12. 「VR4.0をつくる仕事 GREE VR Studio Labの活動紹介」 日本バーチャルリアリティ学会大会ランチョンセミナー (2019/9/2)
  13. REALITY「なりたい自分で、生きていく」リアルタイムライブでVTuberが活躍する舞台を作る現場の1年, CEDEC2019 [Detail] [Slides]
  14. 宇宙x教育xVR=ちゃんと学べる体感サイエンスツアー「ありえなLAB」の挑戦, CEDEC2019 [Detail][Report] (2019/9/4)

Awards

  1. [Web3D2020 : Best Poster Awards 2nd Prize] Liudmila Bredikhina, Toya Sakaguchi, Akihiko Shirai, “Web3D Live Distance Workshop for Children in Mozilla Hubs”, Web3D ’20: The 25th International Conference on 3D Web Technology, November 2020, Article No. 27, Pages 1–2.
  2. [音学シンポジウム2020 : 学生優秀発表賞]:堀部 貴紀, 石原 達馬, 白井 暁彦, 森勢 将雅; 『転声こえうらない』利用者の基本周波数分析情報処理学会研究報告, 2020-05-30 (URL) [SlideShare] [Awarded]

Events & Performance

  1. Virtual Beings World 2020 “New Play Together” in SIGGRAPH2020
  2. VTech Challenge 2019
  3. 「次世代バーチャルライブエンタメへの挑戦」大xR Tech Nagoya #8 [YouTube] (2020/12/21)
  4. HapticMinesweeper“, xR Tech Tokyo #18 @ ソフトバンク (2019/12/11)
  5. The Real Time Live & Reception 「リアルタイムグラフィックスの世界とVTuberが牽引する新たな人類」デジタルハリウッド大学・近未来フォーラム2019 [講演レポート][YouTube] (2019/11/28)
  6. 「SIGGRAPH ASIA 2019 Real-Time Live!」5G時代のR&Dと7,154kmへの挑戦(仮), VRMコンソーシアム セミナー (2019/11/29)
  7. Global Bidirectional Remote Haptic Live Entertainment by Virtual Beings“, SIGGRAPH ASIA 2019 Real Time Live! [YouTube]
  8. Virtual Beings World in SIGGRAPH2019

Event detail

VTech Challenge 2019

Virtual Beings World

VRSionUp

プレスリリース

  1. グリー、VR/ARなどの最先端技術の研究開発組織「GREE VR Studio Lab」の活動を正式に開始 〜 ディレクターにエンターテインメントVR研究者の白井暁彦(博士)が就任 〜 (2018/9/6)
    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000085.000021973.html
  2. グリー、最先端技術の研究開発組織「GREE VR Studio Lab」から、Webブラウザ上で無料で楽しめる「転声こえうらない」β版をリリース (2019/7/2)
    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000121.000021973.html
  3. グリーで最先端技術研究開発を担う「GREE VR Studio Lab」が、VTuber技術を対象にした研究チャレンジコンテスト 「VTech Challenge」の開催決定 (2019/11/14)
    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000125.000021973.html
  4. GREE VR Studio Laboratory、WebVRを舞台にしたオンラインハッカソン「VTech Challenge 2020」を開催 (2020/7/15)
    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000149.000021973.html